2015年07月15日

散歩で歩かない時の対応

こんばんは。D'noteのKanaeです。



愛犬自身が歩きたくない時に突然止まる。

それで、そのまま無視する様に歩き出したら、

引きづられながらも歩きたくないと踏ん張る。

その際に、色々と愛犬への対応をされていると思います。

そこで、皆様のリードの長さは、だいたい120cm位ではありませんか?

この短さが、愛犬にコントロールされやすくなっているだけの時もあるんですよ。

180cm以上の長さのリードを使ってみて下さい。

そして、出来れば一番長めにリードを持ち、無視する様に飼い主様が歩き出すと

最初は、踏ん張ろうとしますが、リードが長いので、

このままでは、置いて行かれるんじゃないか?

と不安になりやすく、急いで、飼い主様へ着いて行こうとするはずですよ。

リードの長さが関係してるって意外ですよね。

これは、歩く時だけでなく、待ての練習も不安になる距離感なんです。

ですから、待ての確立にも良いんです。

これを機に取り組んでみて下さいね。






IMG_0660.JPG


『皆さん応援クリック』


IMG_0661.JPG


下 『よろしくお願いします!』 下



にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

ニックネーム kay at 22:03| 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする